わきよし建築 【一級建築士事務所】夢工舎 有限会社わきよし建築

〒491-0141
愛知県一宮市浅井町
黒岩字石刀塚27番地
TEL:0586-78-0207
FAX:0586-78-1415
E-Mail:info@wakiyoshi.com
<業務内容>
安心で安らげる家を建てたい。アトピーや喘息にならない健康的な住宅を探している。注文住宅のコストに不安を抱えている。など様々なご要望にお応え致します。わきよし建築はお客様のご要望に応じて、土地探しから設計の企画立案、施工、アフターフォローまで、地元密着のきめの細かい仕事を得意としています。愛知県、一宮市、江南市、扶桑市、大口町、犬山市、小牧市、岩倉市、岐阜県、岐阜市、各務原市など近隣地区で注文住宅、リフォームをご検討されている方は是非一度ご連絡ください。

わきよし建築の家づくり

自然素材という安心感



モットーは「木の家」。
先代からそのまま引き継いで早40年。その間、かなりの数の「お宅」を施工してきました。
「木」の家は一言で言い表すことが出来ない、木の特性による「安心感」「安らぎ」「温もり」などがあります。
今まで建てさせて頂いたお客様は本当に有難いお客様でございます。私どもは職人というものでございますが、あくまで私たちとお客様フィフティー・フィフティーでございます。
日々、お客様のことを思いめぐらせている中で、このまま「木」の家だけでいいものだろうか。と説いてみることにしました。

現在、木の伐採による地球の温暖化、無垢材の高騰、木造住宅の耐久年数など問題点がございます。
無垢材の高騰によりコストアップに繋がり結果的に施主様に負担がかかります。また、耐久年数を増やすのには、どうしたら良いのだろうか?それでも、私たちのモットーである「木」メインに何か違った工法や材質が無いだろうかと探しているところに「FPの家」を発見いたしました。
私がやり始めた時は、「高気密、高断熱住宅」という言葉が出始めたときでございました。
寒い寒い北海道から生まれたこの家は「木」をメインとした工法で、現在の最先端技術を組み合わせた住宅です。耐久年数には優れ、100年住宅を目指しております。お孫様まで繋ぐ住宅を目標としております。
又、「室内環境」、現在ではホルムアルデヒドなど室内環境によりアトピーや喘息の方々が多くみられます。
ご自身で建てられた家において、そういうことは絶対にあってはならないと思います。
私にも小さな子供がおります。すごく心配です。室内において壁紙などは使わず珪藻土など体に優しい素材を使うことにより体に安心な仕様となっております。
このように「自然素材」の良いところと「FPパネル」のような現在の技術のコラボレーションで皆様の家作りをお助けいたします。

会社概要

会社名 有限会社脇義建築
所在地 〒491-0141愛知県一宮市浅井町黒岩字石刀塚27
代表取締役 脇田康嗣
登録

一級建築士事務所

愛知県登録 第9119号

建設業 般-18 50819

住宅性能保証制度登録店

TEL 0586-78-0207
FAX 0586-78-1415
E-Mail info@wakiyoshi.com